« 縄文VS弥生 | Main | 縄文VS弥生 -3- 咬耗 »

August 31, 2005

縄文VS弥生 -2-

05
こういった展示会に行っても、すぐに忘れてしまうという歳になってきた。
画像は国立科学博物館であった、最近の人類関連企画展のガイドブックで、左から「ピテカントロプス展」1996年、「日本人はるかな旅展」2001年、そして今回の「縄文VS弥生」2005年。
こういうのがないと、行った事すら忘れてしまう。
3つの展示会に共通の標本も幾つかあるようですが、ガイドブックのイラストなんかも、使い回しがあったりするんですね。

今回の「縄文VS弥生」での進展は、縄文弥生の移行時期が500年程遡ったという事なんでしょうか。
今回は測定法の改善で、移行時期は紀元前800年ころから、そしてあるいはもっと古いかも、ということだ。
たしかに「日本人はるかな旅展」2001年、では弥生は紀元前300年ころとなっている。
私のような単なる興味人にすれば、たいした違いは無いんですが・・

「日本人はるかな旅展」2001年、では2000年11月15日の藤村新一氏の捏造が発覚した後だったので、その件について4ページ程で解説している。
今回の「縄文VS弥生」でもその件に触れていて、影響はまだ納まらないのかな。

|

« 縄文VS弥生 | Main | 縄文VS弥生 -3- 咬耗 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 縄文VS弥生 -2-:

« 縄文VS弥生 | Main | 縄文VS弥生 -3- 咬耗 »