« 富士見テラス | Main | 富士山 ’08.01.27 »

January 20, 2008

薬せずして中医を得

忙しくて本を買っても積ん読なのに、また図書館から本を借りてきた。
ちょっと高いので買えないのですが、手元におきたい本ではあります。

「病家須知」
書名ビヨウカ スチ ケンキユウ シリヨウヘン
 病家須知 研究資料篇
書名ビヨウカ スチ ホンコク ヤクチユウヘン
 病家須知 翻刻訳注篇 上
書名ビヨウカ スチ ホンコク ヤクチユウヘン
 病家須知 翻刻訳注篇 下

所謂家庭の医学という類いの本ですが、出版が天保三年(1832)なんですね。
現代語訳が出ました。

まだパラパラとしか見てないけど、早速目についた項目が表題の「薬せずして中医を得」というもの。
意味は「病気になった時に治療を加えないで放置しておけば、中程度の腕前のある医者にかかったのと同じことだ。」です。
現在でも医療過誤だとかなんだかんだありますが、江戸時代後期からこんなことがいわれていたのですね。
時間を作ってちゃんと読んでみるつもりです。

ヤフーのショッピングのページはこちら

|

« 富士見テラス | Main | 富士山 ’08.01.27 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 富士見テラス | Main | 富士山 ’08.01.27 »