« 食性による内蔵 | Main | 富士山 京王線片倉駅 »

August 03, 2008

皇居のタヌキ その生態

080803
科学博物館では「科博NEWS展示」といって『皇居のタヌキ その生態』展をやっています。
皇居にすんでいるタヌキの、生態をまとめた小展示です。
皇居には1941年まではタヌキがいたそうですが、その後、数十年間はいなかったようです。
1990年代後半から、またタヌキやハクビシンも、目撃されるようになったそうです。

080803_2
皇居でみつかったタヌキの死体は、科学博物館で解剖調査などして、剥製や骨格標本等になっているようです。
タヌキの歯式は、
I3/3 C1/1 P4/4 M2/3 =42
です。
イヌ科の歯はだいたいこんな感じです。

開催期間:平成20年7月23日(水)〜8月31日(日) 
開催場所:国立科学博物館 日本館1階中央ホール
開館時間:午前9時〜午後5時
入館料 :通常入館料のみ

場所は一階のロビーで、以前にタルボサウルスやマイアサウラの骨格があった所です。
ここの入り口は閉鎖されています。

リンク:皇居のタヌキ
    国立科学博物館

|

« 食性による内蔵 | Main | 富士山 京王線片倉駅 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/86884/42044470

Listed below are links to weblogs that reference 皇居のタヌキ その生態:

« 食性による内蔵 | Main | 富士山 京王線片倉駅 »