« 羽村市郷土博物館 玉川上水門 | Main | ムシ »

June 16, 2009

羽村市動物公園 09

0906162
羽村に来たならやはり動物園も、ということで1時間も見られないけど、行きました。
前に農大のバイオリウムで、マダガスカル体験してレムール類が気になってます。
こちらにいるのはワオキツネザルで、双子の子供が生まれました。
コンデジではほぼ不可能な、檻の中の動物撮影。
真ん中のワオちゃんの背中に、子供が1頭見えますか?

0906161こっちも子供が生まれました。
シロテテナガザルはマダガスカルじゃなく、アジアの猿です。
まだ生まれたばかりで(確か7日)、ホントに赤くて赤ちゃんです。
前に生まれた子は、育児放棄で人工保育になったみたいで、今度の子は自分で育てる意思があるようです。
前の子はテレビに取材された子で、おかゆという名前ですね。
今日はまだスタディホールの一角にいました。
もう大人と同じ毛並みになっています。

0906163
スタディホールでは、いろいろな剥製や骨格などあるので、あたびしは好きです。
ただガラス越しになるので、反射して写真撮りにくいです。
一つのガラスケースの中に、100年前のお宝として、明治40年前後に入手した剥製がまとめて展示してました。
ニホンカワウソ、やはり胴体長過ぎ。

リンク:羽村市動物公園

6/17 追記
ニホンカワウソについては、May 25, 2007ツシマヤマネコの記事も参照してください。

|

« 羽村市郷土博物館 玉川上水門 | Main | ムシ »

Comments

羽村動物園は、ま~だ「ニホンカワウソだ」と言い張っているのですか?
 メールも出したのに全くナシノツブテでしたからねぇ・・・。

Posted by: くまがい | June 16, 2009 at 01:33 AM

あ、そういえば頭の中では、ニホンカワウソに「本当は違うけど」という接頭句が付いていたのですが、この記事だけ見たら分かりませんね。
あとで本文修正しておきます。

名前がまだニホンカワウソだったことについては、園が一応権威のある偉い人に聞いてみたら、「ニホンカワウソでよろしい。」といわれたのでそのままにした、なんてことかなと思いました。
恐竜展ではよくあることのようです。

Posted by: あたびし | June 17, 2009 at 12:04 AM

>権威のある偉い人・・・って、誰なんだろう?

一応現在は、権威であるN大のA先生と科博のKさんの二人が「疑問だ」と言ってますけれど。

Posted by: くまがい | June 17, 2009 at 01:34 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/86884/45353904

Listed below are links to weblogs that reference 羽村市動物公園 09:

« 羽村市郷土博物館 玉川上水門 | Main | ムシ »