« 大哺乳類展−海のなかまたち -2- | Main | 大哺乳類展−海のなかまたち -4- »

August 02, 2010

大哺乳類展−海のなかまたち -3-

続きです。
1008021_2
一応まずこれは押さえておかないと、ということで、全長25mあるシロナガスクジラ。
まだお客さんが沢山いる頃に、人の大きさとの比較もあるので、横から撮った所。
頭骨は全長の1/4だそうで、そしたら昨日載せたシャチ全身とシロナガス頭骨と同じくらいの長さじゃありませんか。
ホントですかね〜
上に見えるのはモノドン、一角クジラ。
その左下が字が見えるように、ニタリクジラ。

1008022
全身は撮るのむずかし〜ですね〜
後ろの方まで撮ろうとするとこんな感じになりますね。
科博の表にある、全身復元像だって撮るの難しいので、こんな条件の悪い所で撮れませんね。
これ、せいいっぱいです。
左上の顎先の骨はニタリクジラ。
右にいるのは上がモノドン一角クジラ、右下はシロイルカ。

|

« 大哺乳類展−海のなかまたち -2- | Main | 大哺乳類展−海のなかまたち -4- »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 大哺乳類展−海のなかまたち -3-:

« 大哺乳類展−海のなかまたち -2- | Main | 大哺乳類展−海のなかまたち -4- »