« 痛っ… 歯が痛い 続 | Main | 横浜開港資料館 »

March 31, 2011

痛っ… 歯が痛い 終

110330
創業1891年の歯磨きのライオンでは、口腔衛生のための啓蒙活動をさかんに行っていたようです。

「朝とねるまへ」という刊行物?

ダンデライオンはたんぽぽですが、これが歯だとは思ってもいませんでした。

ヤフー知恵袋にあった回答:
[中フランス語dent de lion(ライオンの歯)が1語になったもの. ぎざぎざの葉からの連想]

だそうです。
恐竜のドンや、ダンや、歯はいろんな所に使われているのですね。

リンク:

ライオンの歴史


神奈川県歯科医師会・歯の博物館

|

« 痛っ… 歯が痛い 続 | Main | 横浜開港資料館 »

Comments

ひぇ~っ!
タンポポの形状が、ライオンのたてがみを連相させるとばかり思っていた!!?まさか葉だったとは!?

Posted by: くまがい | March 31, 2011 at 02:06 AM

私も花の形からと思ってましたよ。

画像中、後ろから6行目の、「たんぽぽの歯を噛んでやりました」というところは、
葉のミスか、歯で良いのか、判断に苦しみます。

Posted by: あたびし | March 31, 2011 at 11:44 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/86884/51259190

Listed below are links to weblogs that reference 痛っ… 歯が痛い 終:

« 痛っ… 歯が痛い 続 | Main | 横浜開港資料館 »