« コウモリぐっず@デザインフェスタ | Main | 現代における死の文化の変容 »

July 16, 2012

富士山博物館@なるさわ

1207160
実家に行く時に河口湖や山中湖は通るので、なじみがあるけど、本栖湖精進湖西湖方面はめったに行きません。
こんかいは、河口湖の先の道の駅にある「富士山博物館」に。
以前に寄った時は有料なので入らなかったが、HPを見たら入場無料になっていたので足をのばして行ってみました。

1207161
入ると鉱物が沢山目に入ります。
ミネラルショウをグレードアップした感じです。
入って左手に「なるさわ富士山博物館」があります。

1207162
入場無料ですね。
入ると恐竜くんがマグマの中からお出迎えしてくれて、何となく期待できるか?
もしかして瀕死の状態なのか?

1207163
恐竜を抜けると大きなホールに到着。
真ん中にスケルトンな富士山。
ボタンを押すと、富士山に降った雨が地下水となって流れる様子やマグマの様子などわかるようになっている。
まわりにはバブリーな鉱物などの原石がこれでもかってほど展示されている。

1207164
ほとんど富士山に関係ないような標本ばかりが並んでいた(関係あるかもしれないが関連付けがはっきりしない)が、唯一関連は、富士山の火山弾が展示してあった。
入場してから出るまで、たぶん10分くらいしかいなかったが、他の見学者は誰もいなかったという、貸し切り状態。

1207165
館の入り口にあったアメジスト。
800kg、¥10,000,000-

|

« コウモリぐっず@デザインフェスタ | Main | 現代における死の文化の変容 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/86884/55212772

Listed below are links to weblogs that reference 富士山博物館@なるさわ:

« コウモリぐっず@デザインフェスタ | Main | 現代における死の文化の変容 »