« 石敢當@人見街道 | Main | お花見 »

March 28, 2013

特別展示「日本産狼頭骨」

青梅市指定有形民俗文化財「日本産狼頭骨および版木その他付属品」
青梅市郷土博物館1階企画展示室入口付近で特別展示されています。

1303271
シュッとして日本狼っぽい頭骨です。

1303272
歯がだいぶ抜けちゃっているのが少し残念ですが、民間信仰としてだいぶ使い込まれたような印象です。

1303273
左下顎(右)は先端が切断。

1303274
寛骨

1303275

武蔵御嶽神社の御神札の版木。
裏には文政二年(1819年)とあるらしい。


展示期間は3月31日までの予定です。
詳細はこちら


|

« 石敢當@人見街道 | Main | お花見 »

Comments

この頭骨の裏側を見せてもらいましたが、ちゃんと下顎にオオカミの証拠である窪みがありました!

Posted by: くまがい | April 01, 2013 at 10:30 PM

オオカミは下顎裏側に窪みがあるんですね。
知りませんでした。

Posted by: あたびし | April 03, 2013 at 12:31 AM

ニホンオオカミの「上顎」硬口蓋の後方部正中に切れ込んだ窪みが存在し、タイリクオオカミの同部には突出した後鼻棘が存在するのが、双方を区別する違いです。
下顎の窪みではありません。
くまがい様のブログにて、交渉の結果、この部分を確認した時の物語が語られております。

Posted by: 鹿もいた | February 13, 2014 at 01:23 AM

くまがい様の2012年6月12日のブログです。

Posted by: 鹿もいた | February 13, 2014 at 01:40 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/86884/57047305

Listed below are links to weblogs that reference 特別展示「日本産狼頭骨」:

« 石敢當@人見街道 | Main | お花見 »