« 医は仁術 展示図録 | Main | 多摩動物園線 記念乗車券 »

June 17, 2014

やぶ医者の件(改:まるわかり 江戸の医学)

先日の科博の特別展で買ってきた本。
文字通り江戸の医学が、わかりやすく理解出来ます。

まるわかり 江戸の医学 
監修:酒井シズ様
KKベストセラーズ

その中で気になった部分は、ヤブ医者!
ここでは通説通りのヤブ医者の説明がありますが、他の本で新説がありました。

『ぶらり日本全国「語源遺産」の旅』 中公新書ラクレ 著者:わぐりたかし

薮は正しくは養父(やぶ)で、兵庫県養父市にあった医師の腕が大変良く、養父の医師の弟子を名乗ることで、名医の代名詞になっていたらしい。

そこで養父のほうから来た医師ですみたいな、消防署の方から来た消火器ですみたいな、いんちきな医師が増えて、かえって養父の医師が薮みたいになっていったそうだ。

本はすぐに読めないけれど、TBSラジオ「日曜天国」に、著者がゲスト出演して話したのはすぐ聞けます。

こちら
16分過ぎ頃から

う〜ん、どっちの本を紹介しているのか良く分からないなぁ。
タイトルをヤブ医者にすれば良かった(笑)


画像は「まるわかり 江戸の医学」のほうで、また裏表紙。
クリックで少し大きくなります。
20140616


|

« 医は仁術 展示図録 | Main | 多摩動物園線 記念乗車券 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference やぶ医者の件(改:まるわかり 江戸の医学):

« 医は仁術 展示図録 | Main | 多摩動物園線 記念乗車券 »