« 東京都水道歴史館 江戸編 | Main | 本郷給水所公苑 »

December 26, 2014

東京都水道歴史館 近現代

1412261
2Fで江戸の水道を見た後は1Fにもどり、近現代の水道編です。
多摩湖の村山下ダムの取水塔が再現されていました。
実物大だそうです。
このなかに各地の水道施設の写真がありますが、趣のある施設がありますね。
この取水塔もそうですが、前々回載せた和田堀貯水池ほか、狭山湖の方の取水塔もあるし、駒沢の給水塔もいい。

1412262
近代の水道は明治時代のコレラの流行に関係があるようです。
コレラの流行は特に明治19年がひどかったようですが、近代水道の誕生した31年前頃から減ってきています。
この絵は錦絵医学民俗志の「虎列刺の奇薬」というものですが、虎頭・狼胴・狸睾丸袋が描かれている。
コレラのことを虎狼狸と書いてコレラ(コロリ?)と読ませるものを以前に見たことがある。

1412263
英国から送られた馬水槽。
馬用の水飲み場で、下に犬猫用水槽がある。
人間用は裏にある。
これはレプリカで、本物は新宿駅東口にあるそうだから、今度捜しに行こうと思う。

1412264
鋳鉄製の水道管。
一番太いものは2.9mもあるんですね。
その太さのは、羽村から村山・山口貯水池まで引かれている。

1412265
奥多摩にある小河内ダムの模型。
コンクリートダムってのが改めて実感出来る。
昭和13年に建設が始まり、戦中工事中断し、昭和32年に竣工ですね。

1412266
明治31年に近代水道が誕生したのは先に書きましたが、まだ自宅まで水道を引けない家が多かったようです。
共用栓が設置されていて、鍵で管理していたようです。
関東大震災の頃まで使われていたそうだ。


|

« 東京都水道歴史館 江戸編 | Main | 本郷給水所公苑 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/86884/60871140

Listed below are links to weblogs that reference 東京都水道歴史館 近現代:

« 東京都水道歴史館 江戸編 | Main | 本郷給水所公苑 »