« メガ恐竜展2015 続 | Main | サル先取り »

December 11, 2015

マンディブラとかグナトスとかオドントとか

高尾山口そばに「TAKAO 599 MUSEUM」という施設が出来た。
高尾山に親しんでもらう施設で、開設時に一度きて、昔の高尾自然博物館のようなのを期待していたが、少しがっかりした。

1512091
今回再訪したのは、世界のクワガタムシ展というのをやっていたため。
すでに10月4日で終わってますが。

「TAKAO 599 MUSEUM」は無料の施設なのですが、この展示は¥100なので、会場まで来て百円なのを確認すると皆さん帰ってしまいます。
結局あたびしが見ていた30分程の間には、誰も来場者はいませんでした。

で、あたびしもクワガタに詳しくないのですが、生体の展示を見ていて面白いことに気がつきました。


1512092
マンディブラリスフタマタクワガタ
Hexarthrius mandibularis
これは最大118mmにもなる大きなクワガタだそうです。
わざわざ学名を書きましたが、種小名にmandibularってのが入っています。
これは下顎という意味ですね。
属名の方のは良く分かりませんが、Hexarってのはヘキサゴンの一部なのでしょうか?


1512093
ワラストンツヤクワガタ
Odontolabis wallastoni

ツヤクワガタは2種いましたが、これにはOdontoがついています。
Odontoは歯ですね。

 もう一種はラコダールツヤクワガタ がいた。
 Odontolabis lacordairei

1512094
ニジイロクワガタ
Phalacrognathus muelleri
多摩動物園にもいたが、タマムシのような輝きが何ともいえない良い感じです。
属名の後半にgnathusが入っている。
gnathusは顎ですね。

ここまでは生体の展示でした。


1512095
コガシラクワガタ
Chiasognathus granti
後日、多摩動物園に行ったときに、昆虫館本館の階段の所にクワガタの標本があった。
コガシラクワガタの学名に、gnathusが入っていた。
ニジイロクワガタのように、玉虫色の光沢があるクワガタだった。

クワガタは歯や顎のついた学名がいるのがわかって、やはりあの大顎を見れば納得ですね。
あと顎には上顎のmaxillaというのがあるが、クワガタに上顎はなじまないのかな?

|

« メガ恐竜展2015 続 | Main | サル先取り »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/86884/62845834

Listed below are links to weblogs that reference マンディブラとかグナトスとかオドントとか:

« メガ恐竜展2015 続 | Main | サル先取り »