« 猿橋 さるはし | Main | クサガメ? »

May 24, 2016

夏狩湧水群

猿橋を見た後、もう少し足を伸ばして、大月から都留方面に。
富士急大月線の十日町駅あたりには結構な湧水があるということで行ってきた。
ちょっと下調べが不十分で迷ってしまったが、しまむらあたりをうろうろしていたら、太郎次郎滝という小さな標示があったので、案内のとおりに住宅街に入る。

案内はちょくちょく現れるので、そのとおりに進むと、駐車場が数台分用意されていました。
無料で、ありがたいことです。

1605221
ここからは歩いてすぐですね。
崖の下まで行くと、崖全体から水が沸いているような感じです。
セメントで補強工事がされているようですが、あちこちに小さな滝が落ちています。

1605222
少し進むと橋があり、それを渡れば滝が見えます。
想像以上の滝で、ちょっと感動してしまいますね。
太郎次郎滝です。

手前の川は柄杓流川だそうで、十日市場の下で桂川に合流する。
ということはこの水も、横浜市民の飲み水になっているのです。

ここから遊水のもうひとつの名所、永寿院まで行こうと思います。
車はこのまま駐車場において、歩きます。
途中あちこち水が楽しめますね。

1605223
長慶寺の手前、湧水があります。
水量も凄いですね。
奥の池の中に花が咲いているのは梅花藻バイカモというらしい。

1605224
長慶寺の前のこんな大きな木の根っこの所からも水が沸いています。
いたるところ水が沸いている感じですね。
途中養漁場もあったりしましたし、わさびもあるそうだ。

1605225
永壽院まで来ました。
遊歩道が整備されていて、間違いなく此処まで来られますが、遊歩道って書いてなかったら絶対こんな所を歩かないな、という所も通ってきましたよ。
この趣のある石橋の奥に池があり、左奥に飲める湧水がありました。

駐車場まで戻ります。

1605226
遊歩道は樹木チップがひいてあったりで、結構整備されていました。
チップがなければ、こんな所を歩くの?というほど微妙な所をいきます。
中央道の富士吉田線の脇を通ったりするので、ここは給食センターの横ですが、後日中央道を走った際に、あ、あの給食センターだ!という楽しみもありました。

|

« 猿橋 さるはし | Main | クサガメ? »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/86884/63675343

Listed below are links to weblogs that reference 夏狩湧水群:

« 猿橋 さるはし | Main | クサガメ? »