« 恐竜博2016/2 | Main | カンスケ、キリン・多摩ズー »

July 09, 2016

恐竜博2016/3

続きです。
多分これで終わりますので、気に入った写真を載せておきます。


16781
ティラノの股下から覗くスピノ。
スピノは白亜紀中期生息、ティラノは後期なんだそうで、こうやって一緒に見ることはなかった。
そんなこと言い出したら、生息地も違うしね。


16782
スピノはモロッコ出身だが、このティラノはカナダ出身で、2013年に骨格標本が組み立てられたかなりの新人のようです。
口元に写っているのは、シーラカンスの仲間のマウソニア、モロッコ出身。

16783
前肢には鋭い爪のついた指。
水中生活で指の間にはひれがあったかもしれないとのこと。


16784

再現映像では水中を泳ぐ姿が見られたが、推進は後ろ足でしたが、カバなんかは前足で泳ぐというか水底を蹴って、後ろ足は浮かしているだけですので、何となく違和感を感じた。

16785

チンタオサウルス
名前の通り、中国は山東省青島出身。
頭の上の突起は前上顎骨と鼻骨が伸びたですと。

16786
後ろからみたらこんな。



16787
第二会場はあまり面白くなかった。
ショップは面白そうなグッズが多かったですね。
何も買いませんでしたが。

これで恐竜は終わります。


|

« 恐竜博2016/2 | Main | カンスケ、キリン・多摩ズー »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 恐竜博2016/3:

« 恐竜博2016/2 | Main | カンスケ、キリン・多摩ズー »