« 久しぶりのイタチ | Main | 東京箱根間往復大学駅伝競走 2018 »

August 13, 2017

ラブカ 胎仔

深海ザメのラブカの胎仔が見られるという事で、6月に清水の東海大学の水族館に行ってきた。
胎仔は生まれる前の体内にいる状態のを取り出しているそうだ。
卵殻内ではなく、殻から出た状態だったのでしょうか?
201708131


まだ卵黄が着いている状態ですね。
下半身から尾びれにかけてユラーと動いています。

卵黄が無くなったら自力で餌を採らないとですが、捕獲されたラブカはいずれもすぐに亡くなっているので、こいつもいつまで生きるか?
研究の一助になれば本望でしょうか。

8月2日に亡くなったようです。

東海大学海洋科学博物館×アクアマリンふくしま「ラブカ研究プロジェクト」

|

« 久しぶりのイタチ | Main | 東京箱根間往復大学駅伝競走 2018 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference ラブカ 胎仔:

« 久しぶりのイタチ | Main | 東京箱根間往復大学駅伝競走 2018 »