« ハンドメイドバイシクル展 2018 | Main | ドラマ 新参者ロケ地巡り »

March 03, 2018

鮎壷の滝

183011
御殿場線の長泉駅そばにある黄瀬川の「鮎壷の滝」。
一万年前の富士山の溶岩がここを流れてきたそうだ。
大きな溶岩の固まりが、凄い光景をなしていますね。

見に行った日は水量が少なかったのか、滝はひとつしかなかったが、水量があるともう二・三カ所から流れるようだ。
鮎が下流から上ってきてもこの滝を上れないため、ここに鮎が沢山いたという事で名前がついたそう。
1803014

下流には鮎壷のかけ橋が架かっていて、左岸は長泉町、右岸が沼津市です。
片側に支柱がある吊橋です。
183013


この左岸から隧道で本宿村に水を引くため、本宿用水という隧道を掘ったそうだ。
黄瀬川は岸よりも随分と低い位置を流れるため、農業利用が出来なくて、芦ノ湖から深良用水(箱根用水)を掘ったそうだ。

黄瀬川の源流は御殿場市で、狩野川に合流して駿河湾に出る。
御殿場市の北東側の水は、鮎沢川から酒匂川になって、相模湾に出る。

芦ノ湖の水は早川で相模湾に出るが、深良用水で静岡側の裾野市に流れた水は、黄瀬川に合流して駿河湾に出る。

同じようなところに落ちた水がちょっとした違いで別な場所に流れ着くのが面白い。


|

« ハンドメイドバイシクル展 2018 | Main | ドラマ 新参者ロケ地巡り »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/86884/66453617

Listed below are links to weblogs that reference 鮎壷の滝:

« ハンドメイドバイシクル展 2018 | Main | ドラマ 新参者ロケ地巡り »