July 29, 2016

シマウマ 交尾

1607281
前回のキリンが攻撃されているのを見ていたら、横でシマウマが発情し始めた。
メスのグレビーシマウマが♂のアンディーくんのところに寄って来たら、アンディーくんのあそこがするすると伸びてきたので、これはイケルなと思ったらやっぱり始まりました。

1607282

何しているのかな〜なんて見にきたのは息子かな?
でもそんなのおかまいなし。
やるときはやる。

1607283
ちょっと歩きながらしたりして。
息子もあっちにいちゃったりするし。
首も咬んじゃうよ。

1607284
歩き回るので精液少し漏れちゃうよ。



1607285

はぁ〜おわったー
ペニスの先がなんだか広がってラッパみたくなってる。

1607286
帰りに八王子市役所の前を通ったら、ちょうどいい整体があった。
そういうことではない。
(笑)


| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 20, 2016

カンスケ、キリン・多摩ズー

1607191
右前足が悪そうなキリンがいたので、暫く見ていた。
手前左です。
その後ろに胴体が見えているキリンがいます。
頭は左のキリンの足下に見えています。
いわゆる足首の所です。
そいつが、なんだか左のキリンの、後ろ足を掬おうとしている様に見えます。

1607192
右前足が既に悪いので、他の足を痛めつけられたりしたら、このキリンは危ないことになるんではないかと、心配で見ていた。
悪い足をかばいながらしきりに逃げ回ります。
しかし執拗に追いかけてきます。
写真の記録から見始めた最初の時間は3:20で、寝小屋に戻る4時まで攻撃は続いていました。

1607193
3枚目の写真の真ん中のキリン。
こうして見ると、凄く攻撃的な感じがします。
左のキリンは重心が左に逃げています。
何度も攻撃されています。

わたしはキリンの個体識別出来る程は見ていないので、誰が誰かはわからないが、6月7日に多摩動物園のツイッターが、キリンのカンスケが死んだことを伝えてきた。
さきおとといに倒されて隔離していたが、今朝誤嚥で急死したとのこと。
変形性関節炎のキリンだそうですから、私が見ていたキリンのことだと思います。

5月28日の時点で危ないと思ったのですが、飼育している方はそう思っていなかったのでしょうか?
倒されてその後、再び立てたのでしょうか?
倒される前に、先の攻撃的なキリンから離すことは考えなかったのでしょうか?

危ないなあと見ていたキリンが、わずか10日程の後にやはり亡くなってしまったことが凄く気になりました。
倒されたことと、誤嚥が関係しているかはわからないが、凄く残念な感じです。

合掌

| | Comments (0) | TrackBack (0)

April 26, 2016

アンディーくん♂

多摩動物園のグレビーシマウマのアンディーくん♂

1604251


おしっこかな?と思って見ていたが、なんか違うぞ。
精液かな?

そういえばこの前のチンパン君は手が使えたが、シマウマは自分でじいができないですね。
自然に出る様になっているのでしょうか?

1604252


尿と違ってなかなか地面にしみ込まないみたい。
精液はどんどん作られるから、交尾しない時は自然に放出するしかないんですね。
他の動物たちはどうしているんだろう?

1604253

これはたぶん尿。

展示用の♂ライオンは、パイプカットしているようです。
去勢してしまうと、たてがみがなくなって、メスと同じ様になってしまうらしい。

チンパン君のはこちら↓


February 21, 2015 じい?


| | Comments (0) | TrackBack (0)

March 29, 2016

蜻蛉橋

1603281
多摩動物公園にあるとんぼ橋が架け替えられるというので、2/16に最後の姿を見てきた。
入り口から入ったら、右に行くアフリカ園の手前、頭上を横切っている橋です。
木橋でなかなか趣があって好きな橋でした。

1603282
2002年に出来た橋ですから、それほど古い訳ではないのですがね。
木橋となっていますが、中身に鉄骨が入っているような気がします。
猿山と昆虫園を繋ぐ道路の橋で、夏には橋の下を通る人にミストを振りかけたりしていました。

1603289
そばに次に出来る橋の予想図があった。
片側に柱を立てた吊橋型の橋になるようです。
これはこれで好きな形です。

1603283
ついでに園内の橋をめぐってみました。
ライオンサファリの上のサファリ橋。
良く見てみるとこれは塀の上を通っているだけで、橋ではないですね。


1603285
この橋は名前もないですね。
カワウソの方からバクの方を見た所。
左に確かカリガネがいたところの橋。

1603286
ここもお客は渡れませんね。
バク専用の橋ですが、以前にこの橋を鴨が通っていたので、カモノハシとか言ってた記憶が・

1603287
バクの下流の水鳥橋。
これは石造りのアーチ橋ですね。
向こう側が工事中です。
一般にはあまり見かけない形なので、嬉しいです。

160328x
水鳥橋手前にも木製の橋があります。
これも名前はどうだったかな?
やはり通ることは出来ないですね。

1603284
意外と園内に橋が少なく、オランウータン用のスカイウォークも橋に入れますか。
冬の間中止されていましたが、先週あたりから再開しているようですね。

1603288
最後は動物園出入り口の上に架かっている橋。
これも一般客は通ることが出来ないようですね。
職員専用でしょう。


| | Comments (0) | TrackBack (0)

September 04, 2015

多摩ズー 6/27(土)

午後から多摩動物園に。

1509031
アジアゾウのヴィドラがあそこをおっきくして、メスのアマラに迫って行くと、アマラはいやがってか?腰を下げてしまいます。

と思ったら、♂が前足を載せやすい様にと腰を下げたんですね。
♂はやすやすと背中に前足を乗せると、♀は脚を伸ばして交尾姿勢にはいりました。
しかし交尾がうまくいっているのかは、いまいちわからないですね。
数秒でこの体制が解かれてしまうし。

1509032
トラの水浴
これだけだと誰だかわからないよ。シズカっぽいけど?
しっぽが出ているのがかわいい。

1509033
シロテテナガザルに子供が生まれた。
母 ミツ 父 テテ 子 ハリ
ハリはマレー語で日だそうだ。
マレーでハリというと、ハリマオを思い出しますが、どんなストーリーだったかさっぱり覚えていない。

1509034
モウコノウマの仲間はみんな新しい放飼場に移ったが、高齢のサーシャだけはそのまま旧施設にいます。
久しぶりに立っている所を見ました。
横になっていることが多いので、右後ろ足の付け根には褥瘡の様になっている。
前足の蹄も随分な形になってしまったが、変に人が介入しない方がいいだろうということで、そのままにしているようです。

6/27

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 04, 2015

襲われる

多摩動物園アムールトラのアイ。

1507031
ガラスの方の放飼場にいたので、襲われてみました。
こうするとかなりの確率で襲われることがわかった。
どうするって?、それは書きません。

1507032
シズカはその手には引っかからないみたいです。

1507033
ガラスがあることがわかっていても、ちょっと恐い。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 21, 2015

アジアゾウ 発情期?

多摩動物園には何度も訪れているが、行く度に面白いです。
画像はクリックすると大きくなります

155201
3/29はアジアゾウのアマラ♀(2004年10月29日生)とヴィドゥラ♂(2007年8月25日生)。
♂の方が少し若いが大きさはパッと見ではもう分かりにくいですね。
皮膚がしわっぽいのが♀、つるっとしたのが♂と見るとわかるかな。

155202
この日は♂がなんか荒れていましたね。
ぶら下がっている木に八つ当たりしているような感じ。

155203
♂:う〜ん、もうやだ!
頭から湯気が出ている!なわけない(笑

155204
タイヤをゴロゴロやっていたら、
♂:うわっ気持ちいいぞ!
  ゴリゴリ、ゴリゴリ・・

155205
♂:ねえ、アマラねえちゃん、ちょっとあそぼうよ〜

155206
♀:しょうがないわねえ、ちょっとだけよ。

1552061
♂:なんだかきもちいいみたい

155207
♀:でもなんかちがうかもよ?

155208
♂:うん、まだできないのかな?

155209
♀:もう少し大きくなったら遊んであげるわ

みたいな光景に出会いました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 25, 2015

塀の向うは?

201502251
多摩動物公園の、アジア関連の施設の工事は塀に囲まれていますが、一部塀が解放されています。
というのはトリックアートですが、こっちの方から撮ると絵と実物がうまく繋がるかな?
扉の上は白く塗っておいてくれたほうが良かった様に思う。

201502252
中は随分掘り下げられていますね。
当日はセメントの吹き付けでしょうか?
斜面で工事をしていました。
吹き付けって、こういう風にやっていたんですね。
お疲れさまです。
ありがとうございます。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 21, 2015

じい?

多摩動物公園の夕方。

チンパンジーの屋外展示も終わり、屋内展示にひとりいました。
ガラスのすぐ前にこっちを向いて座っているチンパンジー。

学名は、Pan troglodytes、とか書いて格調を上げておきます。

ガラスのこっち側では右手に母子、チンパン正面には若いカップル、左手にあたびしが陣取った。

チンパンの右手が下腹の前でやけに上下してるんですね。
痒いのかと思って見ていたが、あまりにも動きが激しいので、どんだけ痒いのかよ〜と思った。

動きが止まり、手を上に上げると股間にピンクのアレが上向いている。
手を口元に持って行くときに微かに見えた粘液状のもの、そしてそれをなめているではないか。

こいつ、マスかいていたのかよ!

あたびしの横にいたカップルの女子は真正面でしゃがんで見ていたのだが、すぐに察したようで、即立ち去りました。
こんなのを真正面で見てしまったら、ショックなのか?それとも萌えてしまうのか?

右の母子は角度的に見えていないのか、無反応で食べ物の話をしていました。


思い出したのは、サルがマスを覚えると、死ぬまでかき続けるっていうのですね。
こいつ大丈夫かと思って見ていたが、しばらくはピンクの中には陰茎骨しか入ってなさそうな細いあれを触ったりしていたが、食欲の方が勝っているようだった。

閉園間際にもう一度よったが、Pはもう引っ込んでいて、かきすぎで死ぬようなことはなさそうでした。

画像は下に入れたので、見たくない人は引き返して下さいね。








15220


| | Comments (0) | TrackBack (0)

January 15, 2015

多摩ズー 2014

昨年最後の多摩ズーです。

15191
何となく発情な感じですよ。


15192
アジアゾウも元気。


15193
ヒグマのミチがいた所。
手すりに塗装がされていたので、あれ!っと思って見たら、春にツキノワグマが来るんだそうだ。
良かった良かった。

隣のムササビは知らん顔してますけどね。


12/23 撮影


やっと昨年分が終わったので、今年の最初のカキコに行って下さいね。
こちら↓

January 04, 2015
東京箱根間往復大学駅伝競走 2015

| | Comments (0) | TrackBack (0)

より以前の記事一覧