January 09, 2019

狩野川放水路・資料館

11月は伊豆の狩野川放水路や、そばの資料館に行ってみた。

1901081
1958年9月26日夜に伊豆地方、狩野川台風に襲われた狩野川流域の地域。
資料館では当時の写真展示企画展が行われていました。
60年前の写真なのに綺麗でした。
修善寺橋に流木土石などでダム状になってしまい、耐えきれなくなった橋が崩壊下流に一気に流れ出し一帯が流され浸水した。
この千歳橋は流されなかった。

1901082
それを避けるため放水路を建設中だったが間に合わなかったようです。
資料館そばの、取り入れ口の堰があるところの上には、伊豆市に向かう129号線が通っていて、アーチ橋が架かっている。

1901083
放水路沿いに少し下るとトンネルに入ってしまう。
なんかでかい感じが安心感を与えてくれそうだ。
放水路はここから沼津市につながり駿河湾に出る。


| | Comments (0) | TrackBack (0)

January 05, 2019

両国辺りに行ってみた、すみだ北斎美術館とか。

昨年の続き、10月は両国駅からすみだ北斎美術館へ。
国技館や江戸東京博とは駅の反対側に出たので雰囲気が変わって見える。
方向はわかるので美術館方向に。
1812301
すみだ北斎美術館では、企画展「北斎の橋 すみだの橋」をやっていた。
北斎の描いた橋や弟子たちが描いた橋の展示および隅田川に架かる現在までの橋の写真など。
良い展示でした。
昨年の11/4で終わってます。



1812302
ついでに昭和7年に出来た両国橋を見に行く。
トイレに行きたくなってきたので、急いで。
左岸側は上を高速が走っているので閉塞感がある。


1812303
右岸に神田川の第一橋梁の柳橋がみえる。
震災で落ちてしまったので、昭和4年に出来た橋ですね。


1812304
急いで両国駅に戻りトイレに。
駅では使っていないホームに向かう通路で、両国駅歴史展という昔の写真が展示してあった。
すみだ北斎美術館もここも、撮影禁止なので画像がないのが残念です。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 28, 2018

大柳川渓谷 吊橋

10月には大柳川渓谷に行ってきましたね。
山梨県富士川町十谷にあるここには吊橋が10本ほどあるというではありませんか。
そして紅葉の頃は凄い人出になるそうです。
それは避けましょう、ということで紅葉になる前に行ってみた。

中央道で行って中部横断自動車道でも行けるようだが、なんだか遠回りしているようだ。
甲府南で降りて一般道を行った方が良さそうだ。

途中道の駅 とよとみ もあるし、中部自動車道のところに道の駅 富士川 がある。

52号を下って十谷入り口を右折してたぶん富士川支流の大柳川沿いに上がって行く。

大柳川渓谷


1812271
駐車場はすぐわかった。
ここから降りて行くと、竜神橋はけっこうな下った吊橋です。
同行者は絶対渡りたくないとか言うしどうしたもんか。

なんせ吊橋で階段になっているなんてどういう事ですか?
それもこんな急な下り階段。
とりあえずロープをつかんで一段ずつゆっくり行けば大丈夫となだめて下ります。
真ん中にデッキ状の水平なところがありますが、その下は更に急な階段です。
なんとか同行者をなだめながら下りきって、下流の竜門橋に向かいます。
1812272




1812273

ここも結構な吊橋で、途中で吊橋のくせに曲がっていたりするんですが、先ほどの竜神橋が凄すぎたので、同行者ももう慣れてしまったようで、平気で渡っています。

1812274

曲がったり下ったりの不思議な吊橋が続く渓谷。


ここは普通の吊橋だが、滝も見物なところが多いです。
あと大きな岩がゴロゴロ。

紅葉がなくても、渓谷は見どころたくさんですね。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 26, 2018

宮ヶ瀬ダム

ここには自転車で観光放流を何度か見に行っていました。
今回はかみさんがダムを見たいというので、車で行ってきた。

1812261


駐車場からダムへ向かう途中、自転車だとこの橋は通らないので却って新鮮でした。
風の子橋というらしい。
中路式のアーチ橋。

1812262


先に行くと石小屋ダム。
宮ヶ瀬ダムの副ダム。
ダムカードは宮ヶ瀬ダムの上の、水とエネルギー館で宮ヶ瀬ダムとともに配布されています。

1812263


新石小屋橋から宮ヶ瀬ダム。
このダムは高さが157mもあって、けっこう大きなダムですね。
新石小屋橋から。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 25, 2018

駒木野庭園

9月は高尾から小仏に向かう途中にある駒木野庭園です。

1812251
昭和初期に今の駒木野病院の前身の小林医院を保存した建物や庭園です。
入園無料で提供されています。
中にも1階部分には入る事も出来ます。
古い金庫があったのが気になりましたね。

1812252
古民家はガラス窓が凄く好きです。
現在の物と違って、表面が波打っているのが何ともいえない魅力です。
小金井の江戸東京たてもの園の家では、何枚も割れてしまって現在の透明なガラスが入っていたりします。
ここも残念ながら何枚か代えられていますが、おおくは波打ったガラスが保存されていますね。

1812253

高尾に戻る途中、中央線を潜るところの両界橋のところにある、中央線下の小さなトンネルがこれまた魅力的ですね。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 20, 2018

奥多摩 吊橋

8月、奥多摩方面に車で。

1812191
手前にある白丸ダム。
ここが放流しているのは初めて見た。
以前来た時は護岸工事していて、水があまりなかった。


奥多摩駅そばにはあまり駐車場がない。
昭和橋を渡った先に市営駐車場があったので行ってみたが、キャンプ利用者を優先しているようでなかなか停めさせてくれなかった。
やっとすぐ出るからとか言って駐車出来たが、スペースには1台いただけで他に10台以上の空きがあったというのに。

1812192
駅からはすぐの奥氷川神社のところを降りて行くと、すぐに氷川小橋という吊橋がある。
日原川に架かる橋であまり長くはないのでそれほど揺れる事もなく安心して渡れる。


1812193
渡って左に折れこちらは多摩川の上流に向かうと登計橋という吊橋があります。
こちらもそれほど長くはなく安心して渡れる。
ただ先ほどもの凄い雨が降ったので、橋床には水がたまっているところがあった。

この橋に向かう途中対岸で、日原川と多摩川が合流した先あたりでキャンプをしている人がいるんですよ。
先ほどの豪雨とこの濁った水が気にならないのかな?たぶん水量も増えているはずだが。
玄倉川のキャンプ場そばの中州でキャンプしていて、大惨事になったのを思い出す。
1812194


| | Comments (0) | TrackBack (0)

June 27, 2018

石敢當@八王子

1806261
別にこれを探している訳ではないのですが、みつけるとやはり気になります。

今回は中央線八王子と西八王子の間にある個人宅の入り口。
塀の上に20センチ位の大きさの、石をくりぬいた中にシーサーといった感じの石敢當でした。

個人宅は2件目で、全部で4件です。


前回の石敢當はこちら↓
March 19, 2014 石敢當@立川

| | Comments (0) | TrackBack (0)

June 21, 2018

ドラマ 新参者ロケ地巡り

先月5月ですけどね、まず中央線で東京駅に。

東京駅には鉄道起点の0キロポストがそれぞれの路線にあるようですね。
中央線の1番線には、4号車のところにありました。
1806181


1号車の先ではないんですねぇ。
でも東京駅らしく、レンガのアーチの台座の上にあるのが良いです。
2番線も反対側にありますが、あまり趣きないポストですね。

丸の内駅舎のなんたら見ながら、歩いて常盤橋方面に。
これは都内では珍しい石橋ですが、東日本地震で崩れたらしく復元中です。
18061812

日本橋は歩いてもすぐですね。
先日、ドラマの新参者を、一挙放送したのを録画していたのを見たんですね。
日本橋方面は自転車で何度か行っていたので、見覚えがあるところが幾つかあって、ロケ地巡りじゃないけど、行ってみたくなったのですよ。
かみさんも行ってみたいって言うし。

日本橋の麒麟の翼とか、道路原票が左岸のたもとにレプリカがあるので、皆それを原票と思っているようですが、本物は日本橋の真ん中にあります。
画像の日影と日向の境で中央線との交差あたりにあります。
1806182



日本橋から人形町に向かいます。
水天宮に向かうと、からくり櫓ですか、これもドラマに出ていました。
ちょうど12時でからくりが始まりました。
1806183


水天宮に着くと、結構な方が参拝しています。
身内では先日出産した甥の家族がいましたが、これから出産する親戚知人もいないので、お参りはしませんでした。
1806184


甘酒横町を抜けて、浜町公園の方に向かいます。
せんべいやの前や、コマを買った店の前など通りますね。
写真は撮りづらいです(笑

途中歌舞伎の像も、ドラマに出ていましたよね。
1806185


ここは昔、川か堀だったような気配があります。
更に進むと、石原さとみの回の、眠りの森の明治座がありますね。

ほとんど下調べをしないできた割に、結構ロケ地巡りできました。

浜町公園を少し見て、地下鉄で帰ります。


| | Comments (0) | TrackBack (0)

March 03, 2018

鮎壷の滝

183011
御殿場線の長泉駅そばにある黄瀬川の「鮎壷の滝」。
一万年前の富士山の溶岩がここを流れてきたそうだ。
大きな溶岩の固まりが、凄い光景をなしていますね。

見に行った日は水量が少なかったのか、滝はひとつしかなかったが、水量があるともう二・三カ所から流れるようだ。
鮎が下流から上ってきてもこの滝を上れないため、ここに鮎が沢山いたという事で名前がついたそう。
1803014

下流には鮎壷のかけ橋が架かっていて、左岸は長泉町、右岸が沼津市です。
片側に支柱がある吊橋です。
183013


この左岸から隧道で本宿村に水を引くため、本宿用水という隧道を掘ったそうだ。
黄瀬川は岸よりも随分と低い位置を流れるため、農業利用が出来なくて、芦ノ湖から深良用水(箱根用水)を掘ったそうだ。

黄瀬川の源流は御殿場市で、狩野川に合流して駿河湾に出る。
御殿場市の北東側の水は、鮎沢川から酒匂川になって、相模湾に出る。

芦ノ湖の水は早川で相模湾に出るが、深良用水で静岡側の裾野市に流れた水は、黄瀬川に合流して駿河湾に出る。

同じようなところに落ちた水がちょっとした違いで別な場所に流れ着くのが面白い。


| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 15, 2017

圏央道八王子西インター イベント

2016年12月18日

圏央道の八王子西インターはあきる野方面の利用は出来ませんでした。
今回出入が出来る様に工事をして、完成間近にその部分を歩けるイベントがあったので行ってきました。
172151
あきる野方面からの退出路は、そのまま側道に下りて既存の料金所に行きますが、入路は地形の為か工事費の為かわかりませんが、既存の料金所へは入らず、もう少し北側の圏央道の誇道橋手前を圏央道沿いに南下相模原方面に向います。

172152
暫く並走して圏央道の下を潜り、Uターンする形であきる野方面に向かいます。


172153
料金所はETCも行けますし、一般車は通行券の発券もされます。




172154
そしてあきる野方面に合流しますね。


172155
既存の料金所横では中日本高速道路の作業車や警察車両の展示などもありました。
こんなに早いパトがいたら逃げ切れませんね(笑

172156
最近高速に乗る機会が増えたのですが、普通のパトに捕まっている車より、覆面パトに捕まっている車が圧倒的に多いですね。
この前は私の前を走っていた車が捕まっていましたが、速度違反でないし何だったのでしょうか?
私と同じ様に走っていたのですが。
で、高所作業車にも載せてくれました。
並んだ列が長かったのでパスしました。

172157
おっと、みちまるくんが来ていました。
一応HPも良くチェックしているので、みちまるくんは知ってますとも。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

より以前の記事一覧